2005年01月28日

バブリー(死語?)なディナー

昨日は関西からお客様が来てて、
社内じゃ打合せができない内容だったので、夕食でも食べながら・・・
ということで東京駅近辺で食事。

丸ビルの「アンティカ オステリア デル ポンテ」へ。
きゃーバブリーって感じのお店でした。
レストランの中は接待中〜という感じのおじさまがたがメイン。
一種異様な不思議な感じのレストランでした。
休日はもっと雰囲気違うんでしょうが・・・・。
予定外の予定だったので、洋服かなりの普段着。
ちょっと恥ずかしかったです。明らかに場違いだろーって感じ。

この会社の不思議なところは(って自分が勤めてる会社だけど)
私が経営を判定する限り、下降線をたどってるとしか思えないのだが、
上の人ほどその辺が理解されてない・・・という感じ。
正直、昨日のお店は分不相応だろーーーって感じ。

肝心のお料理はというと・・・・18,000円の真中のコースを
いただいたのだが、値段の割には・・・でした。
(コース最低でも14,000円でした。)

確かに美味しかったです。素材がやっぱりかなりいいです。
前菜に出たオマール海老なんてもーーープリプリしてて
パスタのゆで加減も丁度いいアルデンテ。しかもパスタソースが
トマトの魚介パスタだったのだが、隠し味に多分だが、
マーマレードを使ってるよう。そのあたりはさすが!という感じ。
ただね、がっかりしたのはデザートがまずかった・・・・。
終わりよければなんだけどなぁ・・・・。

まぁー分不相応だけど私みたいに庶民には滅多に行けないお店
だから、ありがたく感謝してます〜。
(今回は写真を撮ることは忘れてなかったが、シビアな内容の打合せ
であったことと、お店の雰囲気から写真を撮れる感じではなかった。)

さてその後、関西のお客様は最終の新幹線で戻ったので、
9時過ぎには開放され、そのまま自習室へ。
今日授業あるから、前回の復習だけしなきゃーと寄ってきました。
1時間半ほど勉強して帰りました。

最近、なんか人生の転換期なんだろうか・・(大げさだけど。)
色々なものが停滞してます。この停滞が終わったらきっと
何かが動くんだろうな・・・と思います。
意思はジタバタせず動ぜず、ドッシリと構えていたいと思うけど・・・・
まだまだ小さな私は、意思に反しソワソワ状態です。情けない・・・・。

もうちょっと気楽に構えなきゃね・・・・。
楽しいことイメージしてポジティブシンキング!
繰り返し思って乗り切りましょ♪

私がよく読む占いで今日更新のものに、とても意思に沿ったことが
かかれていました。

「人は誰でも自分の水準というものを持っています。
もう少し気楽に構え、これまでに達成した自分の業績と比較しないよう
心がけたら、人生はぐんと楽になりますよね。
あなたは、その件が「こうでなければいけない」と思い込んでいます。
代替案を受け入れる気持ちは毛頭ありません。
今あなたが疲れている理由がそこにあります。
ただし、ヘトヘトになるまでがんばった結果、
成功が間近に迫っていることも事実。
今週、これ以上どうしても前に進めないのでしたら、
諦めればいいでしょう。
でも、「しんどすぎる」という理由だけで諦めないように。 」

なんとまぁータイムリーな・・・という感じ。
諦めるというつもりはないつもり・・・・。
「成功が間近に迫っている」信じたいものです。

人気blogランキング

posted by りん at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。